GPMD グローバルPM特性データベース

  1. Home
  2. 工業会について - 工業会賞(2019年度)

工業会賞のご紹介

工業会賞は、1979年度に粉末冶金工業普及事業の一環として創設され、2019年度で41回目になります。
工業会賞は、工業会事業に貢献された方を表彰する「業界功労賞」と優れた粉末冶金製品を表彰する「新製品賞」、優れた原料粉末を表彰する「原料賞」、優れた製造設備を表彰する「設備開発賞」に分かれています。「新製品賞」は、さらに「デザイン部門」、「材質部門」、「製法開発部門」に分けて審査され、2003年度から、選考委員会で特に優れた受賞案件とされたものに「工業会大賞」を授与しています。
また、賞の対象にならなかった応募の中から、特徴のあるものを「奨励賞」として表彰しています。

2019年度

ディスコネクト部品の焼結化

ディスコネクト部品の焼結化
株式会社ファインシンター
トヨタ自動車株式会社
段差の大きいラチェット形状や薄肉・長尺形状の成形を原料・金型構造の面から対策を行い、また、うねりを有するボール溝端面においてレーザー焼入れ導入による特性確保など、技術的難度の高い複雑形状製品を実現した点が高く評価されました。本製品の様な複雑形状は従来では敬遠されがちな形状ですが、数々の対策により量産化を実現されたことにより、焼結品のニアネット成形技術の進歩をうかがい知ることができます。
今後、他工法からの置き換えなどによる粉末冶金製品の市場拡大が期待されます。

高速鉄道車両用焼結制輪子ライニング

高速鉄道車両用焼結制輪子ライニング
株式会社ファインシンター
独自の等面圧機構により、ブレーキ性能向上や耐摩耗性向上など制輪子ライニングの性能の向上を実現し、安全面やコスト面において貢献がなされた点が評価されました。特に、ブレーキ性能向上においては、地震発生時などの緊急ブレーキへの対応を可能とし、高速鉄道車両の安全性向上への貢献が認められました。
今後、本制輪子ライニングを搭載した高速鉄道車両の市場拡大が期待されます。

成形体加工を適用した2枚歯スプロケットの開発

成形体加工を適用した2枚歯スプロケットの開発
住友電気工業株式会社
高難易の断続切削であるスプロケット製品の外歯加工を加工時の応力方向を考慮した加工条件や独自治具の採用などにより実現し、製品のコスト低減に貢献された点が評価されました。
成形体加工は、製品欠損など品質上の課題が多くありますが、外歯加工の実現により、成形体加工技術の進歩をうかがい知ることができます。
今後、コスト競争力向上による粉末冶金製品の市場拡大が期待されます。

可変容量型オイルポンプ用部品の開発

可変容量型オイルポンプ用部品の開発
株式会社ダイヤメット
成形過程でのFEM解析による金型の工夫などにより、高精度部品を実現した点が評価されました。特にベーンロータでは、全長30mmと比較的長尺でありながら、ベーン溝幅精度を加工レスで実現した点が評価されました。
可変容量型オイルポンプは燃費向上に寄与することから搭載車両が増加することが予想されており、今後の市場拡大が期待されます。

アルミ製からの置き換えを実現した軽量鉄系焼結キャリアの開発

アルミ製からの置き換えを実現した軽量鉄系焼結キャリアの開発
住友電気工業株式会社
ねじりトルクの要求を満たしつつ積極的な肉抜き形状による軽量化により、アルミ製部品からの置き換えに成功した点が評価されました。また、接合部品の重要管理ポイントである接合強度に対しても超音波探傷法を採用するなど、保証度向上に対する工夫も見られます。
焼結化のコストメリットを活かしたアルミ製部品からの置き換えに関する良い事例であり、今後の横展開が期待されます。

高曲げ疲労強度を有するシンターハードニング4WDカム部品の開発

高曲げ疲労強度を有するシンターハードニング4WDカム部品の開発
住友電気工業株式会社
シンターハードニングの適用に加え、材料と形状の工夫によって工程省略を実現させた点が評価されました。シンターハードニングの懸念材料であった強度面を克服したことは、今後の焼結品におけるコストダウン手法の選択肢を増やす良い改良となります。
本工法の横展開により、他工法からの置き換えなどによる粉末冶金製品の市場拡大が期待されます。

電動パーキングブレーキ(EPB)用焼結含有軸受の開発

電動パーキングブレーキ(EPB)用焼結含有軸受の開発
株式会社ダイヤメット
ボス付け根R0.2以下やOリング保護形状など、極小形状の付与を金型形状や、工法改善により実現した点、また、今後大きな成長が見込まれる自動車の電動化部品に採用された点が評価されました。
特に採用されたEPBはブレーキ・バイ・ワイヤー化の足掛かりともなる技術とも言われ近年普及が進んでおります。本製品がEPBに採用されたことで更なる焼結含油軸受の市場拡大が期待されます。

広範囲の切削条件に有効な快削性プレミックス鉄粉

広範囲の切削条件に有効な快削性プレミックス鉄粉
JFEスチール株式会社
粉末冶金製品において汎用的に使用されている原料に対して、幅広い切削条件にて効果的な快削性を付与した点が評価されました。焼結材は一 般的に難削材とのイメージがありますが、本原料は独自の添加物の最適添加により大幅に被削性を改善しております。
本原料の使用により粉末冶金製品のコスト競争力を高めることで、更なる市場拡大が期待されます。

鋭敏化対策ニオブ添加ステンレス材の開発

鋭敏化対策ニオブ添加ステンレス材の開発
住友電気工業株式会社
ステンレス焼結材料に国内で初めてニオブを添加し、焼結部材には苦手とされている溶接工程の品質リスクを低減した点が評価されました。開発材料は自動車メーカーの材料標準にも認定され、標準材料としての使用が可能となりました。
焼結材料の溶接に対する許容範囲を広げたことで、他工法からの切り替えによる市場拡大が期待されます。

産業用人協働ロボット用部品のMIM化によるコストダウン

産業用人協働ロボット用部品のMIM化によるコストダウン
株式会社ファインシンター
MIMの特性を活かした製品開発により、自動車分野以外となる産業用ロボットに採用された点が評価されました。人協働ロボット構成部品のコストダウンは、ロボット価格の低価格化にも貢献し、世の中の自動化促進へも貢献がなされたものと思われます。
本製品の開発により、粉末冶金製品の小型産業用ロボットを含む新市場開拓の足掛かりになることが期待されます。